「バンデックスフレキシン工法」NETIS登録技術について

平成31年4月25日より「バンデックスフレキシン工法」が国土交通省が運営する
新技術情報提供システムNETIS(ネティス)に登録されました。

 

情報記載の該当ページにつきましては下記URLより閲覧可能です。
http://www.netis.mlit.go.jp/NetisRev/Search/NtDetail1.asp?REG_NO=KT-180149&TabType=2&nt=nt

NETISとは

NETISとは新技術情報提供システム(New Technology Information System:NETIS)の略称であり、国土交通省のイントラネット及びインターネットで運用されるデータベースシステムです。 民間事業者等により開発された有用な新技術を公共工事等において積極的に活用していくためのシステムです。 新技術情報提供システム(NETIS)を中核とする新技術情報の収集と共有化、直轄工事等での活用導入の手続き、効果の検証・評価、さらなる改良と技術開発という一連の流れを体系化したものです。 NETIS(申請情報)に登録された新技術は、5つの活用方式により活用され、大学、産業界、研究機関、行政等からなる新技術活用評価会議で、技術の成立性や技術特性が評価されます。
NETIS 新技術情報提供システム