削孔

左右または上下から削孔ドリルを用いて約45°の角度で削孔を行い注入ノズルを取り付ける為の孔を開けます。
基本的にはコンクリート躯体厚の中心を目指して削孔を行います。